第7回合気道東湖塾 演武大会

合気道に興味がある方、合気道を未だ見たことがない方、演武者の応援の方、是非お出で下さい!尚見学は無料です

今年は2年に⒈度の演武大会の年に当たります。日頃の稽古の成果を発表する場でもあります。 地元のいわき市は勿論、福島県内、東京、埼玉、千葉、茨城からも大勢の合気道愛好者及び師範が参加されます。良い勉強にもなり、記憶に残る演武会になるかと思います。皆様のご参加と御協力をお願い致します。

 

期日  H29年9月17日(日) 12:00~14:30

 

場所  いわき市総合体育館 柔道場及び剣道場

 

参加費  2,000円(記念品・招待費・施設使用料・レンタル費・その他)

 

直会費  3.500円 (懇親会・カラオケも楽しんでください)

        会場:プリンセス・アイ(演武会終了後、4時~)

            いわき市小島町3-3-3 ☎29-1171

   直会(なおらい)とは神事が終わって後、神酒、神餞をおろして戴く酒宴 

  • ・・・・広辞苑より

合気道説明会・・・・合気道に興味のある方の為に!

        合気道説明会 

合気道はいたずらに相手を傷つけ倒す武道ではありません。「動く禅」とも呼ばれ性別を問わず幼児から高齢者まで幅広い年齢層で学べます。

興味ある方、此の機会に気軽に参加してみては如何が           

 

2月3日(金) 19:00~20:00 草野公民館
2月4日( 11:00~12:00 南部アリーナ
2月5日( 13:30~14:30 合気道東湖塾

草野公民館:いわき市平泉崎字向原28(マルト草野店向い)

南部アリーナ:いわき市錦町細谷102-58 南の森スポーツパーク

合気道東湖塾:いわき市泉町本谷字大田18

 

上記からご都合の良い日時をお選びお申し込みください(各教室15名まで)

当日は運動のし易い服装(ジャージ等)でお気軽においでください    

■お申し込みは下記へ いわき市合気道連盟 忍山

TeL 0246-58-8300 

FaX 0246-26-3238

Eメール touko-j@dream.jp  携帯メール oshi-touko@docomo.ne.jp

 

市制50周年記念合気道フェスティバル(磐城平城本丸跡地)

期日5月5日(木・祭)  主催いわき市合気道連盟

10:15~開会式

一部(午前の部)

10:40~子供クラス(上級)演武 指導忍山東七段

11:00~大人クラス演武(合気道東湖塾)

11:20~12:10護身術講座(一般参加者募集)

二部(午後の部)

13:00~子供クラス(初級)演武

13:30~ 合気道体験教室(一般参加者募集)

14:00~大人クラス演武(零門会合気道) 武器演武(いわき合気会)

*雨天中止になりますのでご注意ください、

*演武参加者は9時集合でお願いします、子供は演武30分前までには集合してください

*駐車場はありませんので、各自、有料駐車場か、無料駐車場(市営駐車場、市役所駐車場、県事務所駐車場)をお使い願います。「いわき市いわき駅西駐車場」をご利用の方は2時間分無料となります。必ず駐車券をご持参ください

 

 

会津合気会20周年行事

4月16日(土)演武会

4月17日(日)講習会

「合気道東湖塾の3周年記念演武会」の感想

去る7月1日に、福島県いわき市総合体育館において、「合気道東湖塾三周年記念演武大会」が行われました。この演武大会に小林保雄道場長と小平道場の古参会員で、現在府中道場の親睦会長である石村国興氏が参加しました。その感想を掲載いたします。

——————————————
7月1日(日曜日)福島県いわき市総合体育館で、合気道東湖塾の3周年記念演武会が盛大に開催されました。東湖塾塾長・忍山東六段の下に子供、大人合わせて200名の演武出場者と忍山師範と親交のある団体が多数応援に駆けつけました。
合気道東湖塾道場を開いて2年、現在忍山師範は東湖塾道場をはじめとして、市内2ヶ所の体育館でも指導、テレビ、ラジオ、雑誌などを通して合気道の普及発展に毎日努力しています。道場開設前の忍山師範は、小林道場で稽古するかたわら、「研心会」・畑山道場の「並木合気道クラブ」の指導にもあたられました。無欲で人を和ませる性格が花を咲かせた3周年記念演武会でした。
演武会の進行も大人クラス、子供クラス、招待演武と振り分けバランスがよく、観衆も席を立つことなく合気道のおもしろさを十分に楽しめたと思います。

忍山師範の個人演武に続き、高段者演武の部ではそれぞれの先生方の持ち味が発揮されたすばらし演武でした。

福島武道館・追分拓也師範の入身と同時に相手を崩している迫力ある体捌き。

合気道研心会代表・畑山憲吾師範のゆったりとしながらも緩急をつけた技は、大きな外国人相手にドイツで長年苦労された結果だと思います。

群馬県合気道連盟会長・荒井俊幸師範の大円描きながら遠心力と求心力の動きを見事に表現した自由技。

「高伝館」館主・針すなお師範の20年に渡り創意研究された剣対杖と体術の理合いは合気道の未来に向かい自由性ある一面を感じさせてくれました。

演武会の最後は、合気道の基本は座技にあると常に主張される小林道場長・小林保雄師範のダイナミックで腰の安定感を感じさせる座技自由技に会場から惜しみない拍手が送られました。

合気道の愛好者は、今日では日本よりも海外のほうがはるかに多いのが現状です。今から50年前には「合気道」という名称は一般にほとんど馴染みない時代でした。
辛苦を尽くし国内、海外に普及発展に努力してきた先達に感謝をささげるとともに、日夜真摯に合気道に取り組む先生方を見て身が引締まる思いがした演武会でした。
合気道歴30年、指導歴20年の節目から初心に帰った忍山先生は、普及発展の要因として「小林道場の指導マニュアルが非常に役に立ちました、試合のない合気道は演武会、審査、合宿の三大行事をうまく組み合わせることが大切です」と述べられていました。

今日の「合気道東湖塾の3周年記念演武会」にあたり、忍山先生、会員の方々ならびに福島合気道連盟の関係者の方々に厚く御礼申し上げますとともに、更なるご発展をお祈り申し上げます。

2007年7月20日
府中道場 石村国興 記

合気道1日無料体験教室

■2月27日(土)18:45~19:45 草野公民館

合気道、護身術に興味のある5歳から60歳位までの老若男女(少年部と成人の部があります)初めての方が対象です。お気軽に参加してみては如何!きっと楽しい良い経験になると思います。当日は運動のしやすい服装(ジャージ等)でお出で下さい(15名まで)

お問合せ、お申し込みは
TEL 0246−58−8300
FAX 0246−26−3238
メールtouko-j@dream.jp    忍山(オシヤマ)迄

たくさんのご参加をお待ちしております。

チャリティー合気道学校無事終了しました。

ご参加いただきまして本当にありがとうございました!
その収益金すべてと塾長のポケットマネーを社会福祉振興基金に寄付させていただきました。

000-111

 

 

南越谷地区 いわき合宿2009

今回南越谷地区ブロック合宿が6月6日(土)・7日(日)にかけ福島県いわき市でいわき・合気道東湖塾(忍山東道場長)のAtacched File方々のご協力を得て東湖塾との合同稽古という形で行われました。

南越谷地区のブロック合宿として各地方の小林道場傘下との合同稽古として行う合宿は、昨年の富山県黒部弘和会道場との合同稽古合宿に続き2回目となります。
今回は私の指導道場に加え北本道場からも小林幹雄道場長を始めとする参加があり、総勢16名でいわきにお邪魔する事になりました。

忍山道場長は古くから所沢道場で稽古をしていたので、ご存じの方も多いかと思います。5年前に故郷の福島県いわき市に移り東湖塾道場を開き後進の育成に当たっています。Atacched File

6日は残念ながら天気には恵まれませんでしたがその分渋滞にもあわず、お昼前には現地に無事到着しました。午後1時30分より第1回目の稽古が忍山師範の指導で南の森スポーツセンター、西アリーナの柔道場で1時間半行われました。参加者は35名。普段別々の道場なので手合わせをする事がない分皆楽しんで稽古に励みました。
一旦宿屋に入った後、午後5時15分より場所を東湖塾道場に移し私の指導で第2回目の稽古を行いました。やはり参加者は30数名、道場は48畳と消して狭くはないのですが、これだけの人数が入ると多少手狭な感はありました。しかしグループを作ったりと工夫をして稽古を行いました。東湖塾の方々から「これだけの人数でこの道場で稽古をするのは初めて。良い経験になった」とのお話をいただきました。

稽古後は海鮮で有名ないわき市という事で、大変おいしい魚料理に舌鼓を打ちつつ現地の方々との交流を深めました。Atacched File
7日は前日とは打って変わり大変天気に恵まれました。まず6時30分より私の指導で東湖塾で朝稽古。やはり朝という事で前日より人数は少ないものの、20名ほどの人たちが稽古に参加。正面打ちや13の杖を昨日よりのびのび行いました。

朝食後時間があったので近くにある勿来の関を見学、その後11時30分より小林幹雄師範の指導で最後の稽古を行いました。この時も35名ほどの参加でしたが、前日の稽古で皆さん人数の多さに慣れたためか、スムースに稽古が進行しました。

今回の合宿で普段指導を受けることのないいろいろな師範の指導、いろいろな方々との稽古など、参加者の方々からは大変有意義経験をした合宿だったとの話を受けました。

稽古後いわき市の魚市場でまたもおいしい海鮮料理をいただき、全員無事帰路につきました。(増田記)

福島県いわき市東湖塾一周年記念演武会

2005年6月12日(日)に行われた、福島県いわき市東湖塾一周年記念演武会に行って来ました。Atacched File東湖塾は昨年4月に、忍山東(おしやま あずま)師範によって開設されました。忍山師範はいわき市出身で、昭和47年の所沢道場開設後まもなく入門した、小林道場の古参会員の一人です。
この度、一周年記念の演武大会をいわき市体育館の武道場を借り切り行いました。
演武会は子供クラスの微笑ましい演武で始まり、他の道場で段位を取得した有段者の方々の演武、そして、4月以後入門し稽古を始めた方々の演武が行われました。下は4歳~70歳までの総勢70名の演武です。ほとんどの方に取って演武会は初めての経験なので、多少の失敗があり微笑ましい面もありましたが、日頃の稽古の成果を毅然と発表していました。わずか一年でこれ程の演武会を開ける様になったのには大変感心しました。これも忍山東師範が長年稽古を続けられ、人を引き付ける魅力のたまものだと思います。
合気道小林道場関係の応援演武としては、私、研心会の畑山師範、長谷川道場の長谷川師範、会津若松合気道会の沖師範、そして、忍山師範が東湖塾開設まで指導していた所沢並木合気道クラブの会員の方々でした。その他には江戸川合気道連盟の方々などでした。
私の演武は忍山師範の意見もあり、受けを東湖塾の会員から男子2名、女子1名の白帯の人を選びました。Atacched File彼等は初めてのことでしたので緊張してカチカチでした。演武を行いながら右受け身、こんどは左、ハイ ここで飛び受け身、怪我しないように、そして勝手に受け身しないようにと言いながらの演武です。数え切れないほど演武会の「とり」を行いましたが、こんなに気を使った演武は初めてでした。又一つ新鮮な思い出が出来ました。

(写真上:演武中の忍山師範)
(写真下:会員の杖演武)